エルテソロのオリジナルコーヒーリキュールが完成

El tesoro Coffee Liqueur 2023

El tesoro Coffee Liqueur 2023

¥4,950(税込)

El tesoro Coffee Liqueur 2023

500ml Alc.23%

 

エルテソロのオリジナルコーヒーリキュールが完成致しました。

 

Kyoto Fine Wine and Spirits 様より歴史ある大山甚七商店様へご縁を繋いで頂き、長年あたためていた想いを叶える事ができました。

苦味、コク、深みのある香ばしい香りまでも感じていただけると幸いです。

カクテルの材料としてはもちろん、ミルク割りやバニラアイスにかけてもお楽しみ頂けます。

 

4950円(税込)

500ml Alc.23%

 

 

15周年記念ボトルのグレングラント

Glen Grant 1997.9.22  24years Hogshead 58.5%/vol

コロナの為、届くまでお時間をいただきましたが、15周年記念ボトルのグレングラントが届きました。

今回はご縁をいただきましたウイスキーフープ様の数ある樽の中からいろいろと試飲をして、大変素晴らしいウイスキー出会えました。

本数は限定160‼︎

4/19より随時発送させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。


(テイスティングコメント)

◉香り

フレッシュな洋梨、麦汁、フルーツキャンディ、やや甘草、時間の経過と共にオイリー。

◉味

ミディアムボディで柔らかくなめらか。ハチミツトースト、ややアールグレイの渋み、レモンキャンディ

◉余韻

やや長めの余韻。アプリコット、桃の皮、最後に仄かなミント香。
開栓直後は少し硬めの印象です。少し時間をおくと、グラスから甘やかなフルーツの香りがしてきます。

グレングラント

1840年、スペイサイドのローゼスという町のはずれに、ジョンとジェームズのグラント兄弟によって創業したグレングラント。今ではスペイサイドでも蒸留所の街として名が知られており、スチルメーカーのフォーサイス社の工場があることでも有名。そのローゼス町で最も古くに操業したのが、グレングラント蒸留所。海とガーマス港に近く、南側にはスペイ川が流れ、大麦が育つ豊かな平原に囲まれた、まさにモルトウイスキー造りに恵まれた地です。スコットランド高地の地層でろ過された「驚くほどクリアで良質な天然の湧き水」によって、高品質を誇るウィスキーが生み出されます。
通常、蒸留所の名前には地名がつけられるのが一般的とされていますが、グレングラント蒸留所は、創業者のグラント兄弟の名前がつけられています。グラント兄弟と言えば、スペイサイドでも知らない者がいないくらい有名な方。
グレンプラントではSimplicity(飾り気がないこと)をモットーに、奇をてらわずスペイサイドの自然に素直に従がったウイスキー造りを実践しています。クリアでライトな親しみやすいウイスキーが世界中で人気のメジャーブランドの1つ。

ダローズ1986

Darroze 1986 / 46%

Darroze 1986 / 46%

¥22,000(税込)

ダローズ1986

作り手:Chateau De Lahitte(シャトードライッテ)
アルコール度数 46%
葡萄品種 ユニブラン67% コロンバール33%

テイスティングコメント
輝きのある琥珀色、
素朴さもあるが
長期熟成アルマニャックの典型的な洗練された香り。ランシオ、ヘザーハニー、枇杷。
リコリス、なめし革、シナモン、クローブ、トースト香、桃、ダージリン、カカオ。

味わいは、アルコール感、タンニン、アロマのバランスが素晴らしく、ドライフルーツ、イングリッシュキャンディ、シナモン、ジンジャーブレッド、黒糖、コーヒーキャンディ、ヘーゼルナッツ、カカオ。フレッシュなパッションフルーツの酸味。

ブランドとしての「ダローズ」の歴史は、創始者であるジャン・ダローズ氏が1960年代にフランス南西地方で起こしたレストラン事業にさかのぼります。地元でも有名なオーナーシェフとしてレストランを経営していた彼は、ワインと食後酒のセレクションを任された息子のフランシスと共に食材の調達先であるアルマニャック地方の農家を回っていました。そんな折、それぞれの農家がアルマニャックを自家生産していることを発見し、ダローズブランドとしてアルマニャックを販売するというアイデアを思いつきました。そして1974年、息子のフランシスはついに自分自身のセラーを建設し、自家生産していた小規模なアルマニャックハウスから樽を買い取り、セラーでの熟成を始め「ダローズ」ブランドとしての販売を始めました。そして1996年、創業者の孫にあたる現オーナーのマーク・ダローズ氏が経営に参画し、父親であるフランシスの引退を機に1999年からに正式にダローズ社社長に就任しました。

2014年にはブランドを「フランシス・ダローズ」から「ダローズ」へと変更し、パッケージも一新したのです。ダローズの特徴は単なるネゴシアンではなく、蒸留直後に買い付けたアルマニャックの樽をすべて自社倉庫で厳重に管理しています。入念なテイスティングを重ね、ベストのタイミングで瓶詰めを行いリリースしており、その品質にしっかりとしたこだわりを持っています。また、樽で熟成されていたままのアルマニャックを味わってもらいたいとの思いから、すべてのヴィンテージは加水無しのカスクストレングスとなっており、通をうならせるアルマニャックのラインナップとなっています。

現社長の妹はパリとロンドンでそれぞれ星付きのレストランを経営しており、まさに美食家一家が作り出すアルマニャックと言えます。(輸入代理様より)

Featured product

限定60本 ダローズ2005

Darroze 2005 / 50%

Darroze 2005 / 50%

¥13,000(税込)

テイスティングコメント
輝きのあるゴールド色。
香りはフレッシュでオレンジピール、ドライアプリコット、花梨の様なフルーツフレーバー、アカシアの蜂蜜、フレンチオークのウッディさ、溶けたバター、バニラやミント。

味わいは、甘く柔らかで森の中の若草、リコリス、完熟フルーツの複雑な味わいが混ざり合う。
浅煎りコーヒー、カカオフレーバーの余韻が長く続く。
(By坪倉、高山、大塚)

スペック
作り手:Domaine de PAGUY
生産地:Berbezer de Armagnac
葡萄品種:バコ45%ユニブラン45%フォルブランシュ10%

ーーーーーーー

 

ブランドとしての「ダローズ」の歴史は、創始者であるジャン・ダローズ氏が1960年代にフランス南西地方で起こしたレストラン事業にさかのぼります。
地元でも有名なオーナーシェフとしてレストランを経営していた彼は、ワインと食後酒のセレクションを任された息子のフランシスと共に食材の調達先であるアルマニャック地方の農家を回っていました。
そんな折、それぞれの農家がアルマニャックを自家生産していることを発見し、ダローズブランドとしてアルマニャックを販売するというアイデアを思いつきました。

そして1974年、息子のフランシスはついに自分自身のセラーを建設し、自家生産していた小規模なアルマニャックハウスから樽を買い取り、セラーでの熟成を始め「ダローズ」ブランドとしての販売を始めました。

そして1996年、創業者の孫にあたる現オーナーのマーク・ダローズ氏が経営に参画し、父親であるフランシスの引退を機に1999年からに正式にダローズ社社長に就任しました。

2014年にはブランドを「フランシス・ダローズ」から「ダローズ」へと変更し、パッケージも一新したのです。
ダローズの特徴は単なるネゴシアンではなく、蒸留直後に買い付けたアルマニャックの樽をすべて自社倉庫で厳重に管理しています。
入念なテイスティングを重ね、ベストのタイミングで瓶詰めを行いリリースしており、その品質にしっかりとしたこだわりを持っています。
また、樽で熟成されていたままのアルマニャックを味わってもらいたいとの思いから、すべてのヴィンテージは加水無しのカスクストレングスとなっており、通をうならせるアルマニャックのラインナップとなっています。

現社長の妹はパリとロンドンでそれぞれ星付きのレストランを経営しており、まさに美食家一家が作り出すアルマニャックと言えます。(輸入代理様より)

ELTESORO GION

上質な空間で上質なお酒を

エル・テソロはスペイン語で「宝物」
一人の時間、大切な人との時間、
京都でのひとときを宝物にしていただけるよう、
お手伝いします。

ACCESS

〒605-0086
京都府京都市東山区 大和大路通三条下ル三丁目弁財天町19番地
大和ビル一階 E号室

京阪線 祇園四条駅 徒歩4分、三条駅 徒歩5分
京阪鴨東線 三条駅 徒歩5分
京都市営地下鉄東西線 三条京阪駅 徒歩5分

営業時間
14:00~翌3:00(最終入店翌2:00)
予約可能時間 16:00〜18:00(18:00以降はご来店の30分前まで)

定休日
水曜日・木曜日

TEL
075-541-1770